Sponsored Link

今後の天体観測イベントで期待は人類初の近距離超新星ベテルギウス

今まさに、最期の時を迎えようとしているオリオン座の1等星「ベテルギウス」
最期を迎えたベテルギウスは超新星爆発を起こすと考えられています。

超新星爆発は宇宙のあちこちで起こっていてそれほど珍しい現象ではないでのですが、ベテルギウスの爆発は人類初の近距離で起こる超新星爆発と言われ、もし見ることが出来たらこれまでにない大天文ショーになると考えられています。
近距離とされるベテルギウスは地球からどれくらい離れていて、近い距離で超新星爆発が起こったら影響はないのでしょうか?



星の寿命が尽きる寸前のベテルギウス

我々の太陽の約20倍もの質量を持つ巨大な星・オリオン座1等星「ベテルギウス」ですが、星(恒星)としての寿命を終えようと膨張中です。


「引用:Yahoo!JAPAN きっず図鑑

通常太陽のような恒星は、強力な重力で星中心部の水素が核融合反応を起こし燃えています。
その燃料となる中心部の水素を使い果たしたときが星の寿命を終える時で、今度は外層にある水素が核融合を起こし出し、その圧力で星自体も膨張を始め赤色巨星と化して行きます。

ベテルギウスはまさにその状態で、膨張を続け現在のベテルギウスの半径は6億キロにも達し、これを太陽系に置き換えてみると木星軌道まで達するような赤色超巨星まで成長しています。


「引用:YouTube」

寿命が尽きた後のベテルギウス

我々の太陽も寿命が尽きるとき赤色巨星と変貌しますが、太陽の8倍以上の質量を持つ恒星は赤色超巨星となった後、超新星爆発という凄まじい大爆発を起こすと考えられていて、ベテルギウスは太陽の20倍もの質量を持っていますので、ほぼ間違いなく最期は超新星となって一生を終えることとなります。

その超新星爆発がもうまもなく起こるとされていて、その証拠として現在のベテルギウスの状況は、核融合バランスの不均衡状態にあり、星としての球体を保てずコブのような異形の赤色超巨星となっています。


「引用:YouTube」

これが超新星爆発を起こす前兆の状態だと考えられ、いつ爆発してもおかしくない状況との事です。

ベテルギウスの超新星爆発は人類初の天文一大イベントとなる

もしベテルギウスが超新星となれば、これまでの人類の歴史の中でこれほど近くで起こる超新星爆発を初めて経験します。

ベテルギウスと地球との距離は約640光年。
つまり秒速30万キロの光の速さで640年もかかる場所にベテルギウスはあるのですが、天文学的な距離感で考えれば640光年は近距離になります。

これまで人類が経験した近距離での超新星爆発は、1054年に発生した客星(中国の記録)と呼ばれるモノ。

これは約7,000光年先で起こった爆発で、この時は金星ほどの明るさで昼でも見ることが出来るほど輝いていたと言い、現在この超新星は爆発の残骸となりカニ星雲として観測することが出来ます。


「引用:ウィキペディア

地球から7,000光年離れた場所で起こった超新星爆発でさえ昼間でも明るく見えたのなら、640光年先で起こる超新星爆発はとんでもなく明るく見え、まさに人類史上初の一大天文イベントとなるハズです。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

近くで起こる超新星爆発で地球に影響はないのか?

超新星爆発で起こる衝撃波の影響は半径50光年と考えらていて、この範囲内にある星は壊滅的な被害を受ける可能性があります。

しかし、地球は600光年以上離れているため、まず衝撃波の影響を受けるということはないと思われます。
また、この距離でもあなどれない、強力な放射線を発するガンマ線バーストの影響も地球には及ばないことが判明していますが、何せ人類が初めて経験する近距離超新星爆発ですので、実際に経験してみないと本当に影響がないとは完全に言い切れないのかも知れません。

Sponsored Link


まもなく起こるベテルギウスの超新星爆発はいつなのか?

爆発寸前のベテルギウス。
まもなく爆発すると言われていますが、それはいったいいつになるのでしょうか?

星の残された寿命を計算する事は天文学的な時間表現になりますので、ここで言うところの”まもなく”というのは非常にアバウトな表現になり、明日にも超新星爆発を起こすかもしれないし、1万年後に爆発しても”まもなく”という言葉が当てはまってしまいます。

つまり、我々が生きているうちにベテルギウスの超新星爆発の一大天体ショーを見れない可能性もあるワケです。

ただ、現在我々が観測しているベテルギウスの状況は、あくまでも640年前のモノです。
もしかしたら、もう既に超新星爆発を起こしているかも知れません。

そしてその爆発の光が地球に届くのは600年以上先の未来か?それとも・・・
こればかりは残念ながら、誰にもわかりません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ