4月こと座流星群の観測方角と見頃時期や時間帯と今後の出現率

「4月こと座流星群」というとあまり聞き慣れないかも知れませんが、言うなれば「こと座流星群」の事です。

以前は「こと座流星群」と呼ばれていましたが、国際天文学連合により名称が「4月こと座流星群」となっただけです。

そんな「4月こと座流星群」は読んで字のごとく毎年4月に観測出来る流星群です。

この流星群の出現率はあまり期待出来ませんが、それでも春の夜空を観測するにはうってつけの天体ショーに成り得ます。

是非、この機会に「4月こと座流星群」を知ってみておいてはいかがでしょうか?



こと座流星群とは

こと座流星群は、毎年4月に見られる流星群です。

この流星群の母体は回帰が約400年の長周期彗星のサッチャー彗星(C/1861 G1 Thatcher)。

この彗星が太陽に接近したときに放出したダスト(小さい塵)が、地球の公転軌道を横切った時に流星群が発生します。

ただ、この流星群は、有名な三大流星群(しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群)はとは違い、流星の出現率が不明確。

毎年、どれくらいの流星を降らせてくれるかは、その時になってみないとわからないのが現状です。

こと座流星群の見える時期と方角

こと座流星群は、こと座の1等星「ベガ」を目印に方角(東北東~東の方角)を見ると良いでしょう。
なお、観測時期は4月16日~4月25日くらいまでの約10日間がこと座流星群が観測出来、4月21日~23日までが見頃となるでしょう。



ただ、この時期のこと座は夜半を過ぎないと姿を現しません。

そのため、見られる時間帯は夜中から明け方にかけてが良いでしょう。

今後5年間のこと座流星群の観測予報

通常ですとこの流星群はそれほど規模の大きいものではありません。

よって、ピーク時に見られる流星は1時間に数個程度だと思われますので、気長に流星が流れて来るのを待つほかないでしょう。

しかし、それでも観測するのであればどれくらいの条件で見られるのか?を知っておきたいと思いますので、2030年までの観測予測を調べてみました。

  • 2023年:ピーク時は23日の日中で、眼視観測では月明りと薄明時間帯となり、観測は難しいところです。
  • 2024年:ピーク時は22日の夕方から日が暮れる頃。この年は満月と重なり観測条件は良くないでしょう。
  • 2025年:ピーク時は22日の夜半で月明かりにも邪魔はされませんが、放射高度が20度ほどとやや低いのが難。
  • 2026年:ピーク時は23日の明け方になりそう。薄明時間帯であまり期待は出来ないかも。
  • 2027年:ピーク時は23日の日中。この年も観測には不向きになりそうです
  • 2028年:ピーク時は22日の夕方以降になり月明かりも問題ないですが、放射点が地平線に沈んでおり観測には不向きになりそうです。
  • 2029年:ピーク時は22日の夜中(0時前)。ですが月明かりが邪魔をしそうです。
  • 2030年:ピーク時は23日の明け方。薄明時間帯ですが、条件によっては観測出来そうです。
上、2030年までのこと座流星群の観測予想を調べてみましたが、条件がベストなのは2026年だけのようです。

但し、流星群が発生が予測出来ない部分もありますので、4月中旬頃星がキレイに見える日の夜空を眺めると、流星が流れて来ることも期待出来ます。