2014年2月に大規模な太陽フレアが発生し、その影響で巨大な磁気嵐が発生した事をご存じでしょうか?

この時は、地震や火山活動を誘発して地球環境に大きな影響を及ぼすと話題になりましたが、
実際は特に問題もなく、いつの間にか話題も消え去ってしまいました。

しかし、地球環境に影響を及ぼすような太陽フレアっていったい何なのか?

天文知識があまりない人は、この事を聞いても良くわからないかも知れません。

そこでここでは、簡潔にわかりやすく解説したいと思います。

太陽フレアとはどんな天文現象なのか?

太陽フレアとは、簡単にご説明すると太陽表面で起こる大規模な爆発のことです。

大規模な爆発なんて表現すると、何か大変な事が起こったのかと思ってしまうかも知れませんが、この爆発は太陽表面で日常的に起こる現象で、太陽が元気に活動している証拠であって、ある意味、太陽の健康のバロメーターって言っても良いのかも知れません。

ですので、太陽表面が爆発したからと言って別に異常事態とか天変地異が起こるワケではありません。

ちなみに、実際の太陽フレアの映像がコレ↓↓です。

「Copyright©:NASA Goddard All rights reserved.」

このように、映像で観ると太陽表面で爆発が起こっているのがわかるかと思います。

これが太陽表面で発生した太陽フレアと呼ばれる現象です。

この太陽フレアについて、もう少し具体的に解説しますと。

太陽の内部から表面近くにおいて、常に強力で多くの磁力線が走っています。

しかし、太陽活動が活発になるとその磁力線の一部が太陽表面から飛び出してしまいます。

その磁力線が飛び出す出口が黒いシミのように見える、つまりこれは黒点というものであり、何故、黒点が黒く見えるのかというと、それは磁力線の出口が周りの温度より少し低いためです。

低いといっても太陽の表面温度は摂氏約6,000度ありますので、黒点部分の温度は摂氏約4,000度

それでも、とてつもなく凄まじい温度だという事がご理解できるかと思います。


「Image Credit:Wikipedia」

通常、この磁力線は黒点と黒点の間で繋がっているのですが、太陽の活動が活発になるとこの磁力線が切れてしまい爆発を起こす。
これが太陽フレアというものです。

また、この爆発(フレア)の規模はとてつもなく巨大で、その威力は水爆の10万~1億倍に相当するものと言われています。

とはいっても、水爆そのものの威力が良くわからないと思いますので、これをもっと簡潔に説明すると。

一回のフレアで地球など跡形も無く簡単吹き飛んでしまうほどの威力ってことです。

Sponsored Link


フレアが起きるとどうなるのか?

フレア爆発によって衝撃波と同時に、巨大な高エネルギー荷電粒子が放出されます。

それの多く有害なエネルギーで、X線、ガンマ線等、高エネルギー荷電粒子が発生します。

もちろん、このような高エネルギー荷電粒子は地球にも飛んで来るのですが、この影響で良く見られるのがデリンジャー現象、磁気嵐、オーロラなどです。


「Image Credit:Wikipedia」

磁気嵐やオーロラなどは良く耳にするのでおわかりの方も多いと思いますが、一方、デリンジャー現象はあまり聞き慣れない言葉だと思います。

デリンジャー現象とは、太陽フレアの強力なエネルギーによって、地球上空の電離層にかく乱されるという異常が発生し、それによって地上の電波など通信障害を引き起こす現象のことです。

警戒するべき太陽フレアはあるのか?

太陽フレアとは、太陽が正常に活動していれば日常的に発生する自然現象。

つまり、これは異常事態というべきモノではないのですが、やはりその規模によっては地球に少なからず悪影響を及ぼす場合があります。

ですので、2014年2月に起きたような巨大なモノとなると、やはり警戒は必要になってきます。

では、話題になった2014年の太陽フレアはどれくらいの規模だったのか?

太陽フレアは規模を表す分類で、小規模のCクラスから中規模のMクラスなど
大規模なモノはXクラスで分類されます。

2014年に起こったフレアの規模はXクラス。X4.9という値で
通常に起きる中規模爆発Mクラスの49倍に相当するものだったようです。

巨大なフレアが発生すると、地球の磁場が大きく乱される可能性があります。
この影響で考えられるのが、被害が出てしまいそうなことでいうと停電などの災害。

他、コンピュータの異常や航空機の計器が狂ってしまうという電子機器の被害も考えられます。

これがさらにヒドくなると自然現象にも影響を及ぼし、場合によっては火山活動や地震が触発される場合もあります。

ちなみに以前、太陽フレアの災害をテーマにした映画が公開されました。

● 参考動画:【映画「2012」】

この映画では、巨大な太陽フレアで発生したプラズマで地球の内部が電子レンジのように熱せられ、地球が滅亡する地殻変動が発生するという内容でした。

実際にはこのような事態は起きませんが、とはいっても人類の文明に影響が出てしまうような巨大な太陽フレアが起きないとは言えません。