太陽フレアという天文現象をご存じでしょうか?

これは太陽表面で比較的頻繁に起きている爆発現象で、太陽活動が活発な状況で発生しています。

太陽フレア自体、頻繁に起きる現象なので特に気にする事もないと思うのですが、ある天文学者たちが、今後、生命に深刻な影響を与える太陽フレアが起こる可能性があると指摘しています。

それは、人類はもちろんの事、地球に住む全ての生物の生存に関わる危機的な影響となる事のようなんです。

果たして、太陽の活動によってそのような恐ろしい事が起こり得るのでしょうか?

太陽フレアを簡単に解説

太陽は太陽系全てを支える中心的な存在で、私たちは太陽無しでは一瞬たりとも生き残ることは出来ません。
まさに命の要。絶対的存在です。

そんな太陽は、中心部で水素がヘリウムに変わる熱核融合によって、命の源となるエネルギーを常に放出し続けてくれています。

その核融合によって発生する膨大なエネルギーで発生する激しい活動は、時として太陽表面で爆発を起こします。

これが太陽フレアという現象で、別名を太陽面爆発とも言います。

「Copyright ©:NASA Goddard All rights reserved.」

動画でもおわかりのように、太陽表面ではフレアや巨大な炎のようなプロミネンス(紅炎)というガスを吹き上げる爆発現象が頻繁に発生しています。

なおプロミネンスの大きさは、地球を何個も飲み込むほど巨大で、それ故に威力も凄まじく、小規模なもので水爆の10万個ほど、巨大なフレアなら水爆の1億個分とも言いますので想像を絶する威力です。

では、何故このような爆発現象が起きるのでしょうか?

その原因となるのが太陽の磁場です。


「Image Credit:太陽磁場のCGイメージ画像(NASA/GSFC/Solar Dynamics Observatory)」

通常、太陽磁場(磁力線)は恒星の内部にあります。
それが太陽の活動が活発化することで、表面に飛び出し、その磁力線の出口が他の表面部分より温度の低い、いわゆる黒点と呼ばれる部分です。

「太陽黒点」

「Image Credit:NASA」

この黒点周辺に、磁場による強力なエネルギーが蓄積され、臨界点を超えると一気に解放され爆発(太陽フレア)が起こります。

日常的に起こる太陽フレアによる影響

頻繁に起こる太陽フレアですが、私たちは普段生活している時にフレアが起こったとしても何か異変など感じるでしょうか?

多分、ほとんどの人がいつ太陽フレアが起こったか?わからないと思います。



それくらい、太陽が起こす表面爆発は当たり前なことですし、別段地球に異常な影響を起こすワケはありません。

ただ、巨大な太陽フレアが起こった場合は別の話で、時として人工衛星に深刻なダメージを与えたり、航空機や地上の電子機器に影響を与える場合もあり、また、これまでの研究結果で、人間の気分に変化を起こすなど心身の障害を起こす要因にもなっていると言われています。

Sponsored Link

地球絶滅の危機を起こす太陽フレアとは?

さて、この太陽フレアについて最近気になるニュースが流れて来ています。

その気になるニュースは、
中国やイタリア、ベルギー、デンマークの天文学者からなる合同研究グループが出した研究発表によると、太陽と特徴が良く似ている他の恒星を観測したところ、その恒星では通常、私たちの太陽が起こすフレアの何万倍の超巨大フレアが観測されているという事のようです。

それは、もしその恒星に生命を持つ惑星が存在していれば、絶滅の危機となるような深刻な太陽フレアだということです。

つまりそれは、私たちの太陽でも地球の生命に深刻なダメージを与えるような、超巨大フレアは起こり得るということを示しているものだと研究グループは指摘しています。


「Image Credit:S. Dagnello, NRAO/AUI/NSF」

幸いな事に、私たちはまだそのような太陽フレアの危機に直面した経験がありませんし、太陽にそのような兆候があるとの情報もありません。

ですので、このような研究発表があったからといって一喜一憂する必要もありませんが、太陽の活動は私たち地球の生命維持に直結するものでもありますので、今後も人類が太陽の詳細な探査や観測を常に続けていていくミッションは不可欠と言えるのではないでしょうか。