Sponsored Link

宇宙の果てはどこまでなのか?観測可能な限界でわかる相関図

私たち人類には測り知る事が出来ない果てしなく広大な宇宙。

そんな宇宙の果てはどこまでなのか?

宇宙は無限なのか?

それとも有限なのか?

もし宇宙に果てがあるとしたら、その端っこってどうなってるのか?

正直、素朴な疑問かも知れませんが、
この事については昔から専門家の間でも議論になっている事です。

今回は、この壮大過ぎる”宇宙の果て”をテーマに、
観測可能な限界でわかる情報を踏まえて考えてみたいと思います。

宇宙は無限なのか?それとも有限?

『無限に広がる大宇宙!』
と、どこかで聞いたことのあるフレーズですが、
宇宙は果てしなく広い!という事は、漠然としたイメージでは誰もが知る事です。

でも本当の宇宙ってどれくらい広いのか?
そもそもが無限なのか?って事なのですが、

結論から言うと「宇宙は無限に近い有限!」というのが答えだそうです。


「画像参照:Wikipedia」

その答えを導くキーワードになっているのが『ビッグバン』

つまり、宇宙はビッグバンという爆発から始まり、
今現在も爆発的膨張は続いているため、
爆発の先端が”宇宙の端っこ”だという事のようです。

Sponsored Link


受け入れられている宇宙の始まり「ビッグバン宇宙論」

その昔~とは言っても今から約137億年も遥か昔の事ですが、
宇宙は想像を絶する超高温高密度エネルギーの塊が大爆発を起こしたされています。

誕生直後の宇宙は、その莫大なエネルギーにより光速を超える程の急激な膨張期のインフレーション期を迎え、そこからビッグバン膨張と呼ばれる宇宙の膨張が始まり、現在に至っているそうです。

つまりこれが、現在提唱され現在でも広く受け入れられている「ビッグバン宇宙論」


「画像参照:Wikipedia」

ビッグバンによる宇宙の創成期に存在した物質は、最も軽く単純な原子である水素やヘリウムであったと考えられ、これらが重力で結び付く事で、気の遠くなるような永い年月を経て、星が生まれ、銀河が生まれ、そして私たち人類のような生物も誕生する現在の宇宙になっていったとされています。

宇宙の果てはどこにあるのか?

現在の「ビッグバン宇宙論」が正しければ、必ず宇宙の果てはどこかにあるハズです。

しかしながら、現在の観測技術ではその果てを見る事は不可能です。

それでも観測技術は進歩しており、果てに近いとまでは行かないモノの、
現在、観測史上最も遠い天体(2019年現在)は地球から約134億光年も離れた銀河「GN-z11」。


「画像参照:おおぐま座の方向にある銀河・GN-z11(Wikipediaより)」

地球から134億光年も離れているこのGN-z11銀河は、
少なくとも宇宙創成期には存在していたものと考えられています。

つまり、宇宙が光の速さで広がっていると考えられるなら、
GN-z11銀河こそが宇宙の果てに近い場所にあるのでは?と考えられなくもないですが、
実際はそうでもないとされ、これまでの様々な観測結果から、
宇宙はそれよりも遥かに広く、
あくまでも理論上ではありますが、可視宇宙の広さは最低でも930億光年はあるのではないか?と考えられています。

「動画参照:YouTube 宇宙の大きさを体感できる動画より」

宇宙の果てはどうなっているのか?

もし、宇宙の果てに行き着いてしまったらどうなるのか?

その答えは「わからないし、そもそもは宇宙の果てに行き着く事はない!」。
という事だそうです。

その理由は、私たちが宇宙の広さを知る事が出来る唯一の情報源は”光”です。

そんな光の速さが秒速30万キロという有限である以上は、
私たちは光の速さを超える先にあるモノを見る事は出来ません。

要するに宇宙はあまりにも広大過ぎて、
私たち人類レベルでは知る事が出来ないし、
想像する事も出来ないワケです。

ただ、観測できる範囲内であれば、宇宙の広さを1つの円地図として確認する事は出来るとの事。


「画像参照:Wikipedia」

この宇宙の広さを表す地図は、私たちがいる太陽系を中心に描かれている、
スローン・デジタル・スカイサーベイ((SDSS)と呼ばれるモノ。

光学望遠鏡によって全天の25%以上を観測し、
その範囲内に含まれる銀河やクェーサー等天体の位置や光度から、
距離をくまなく測定し、詳細な宇宙の地図を作りあげています。

ちなみにこの宇宙地図の見方は、わかりやすくするために、中央にある太陽系は周りの天体より遥かに大きく描かれており、太陽系の周りをオールトの雲と呼ばれる球殻状の取り巻きがあり、その外側には、数々の銀河が描かれていて、更にその外側にはボイドと呼ばれる広大な空の空間が点在し、またその外側は、クウェーサーや宇宙の初期放射線からビッグバン時代の名残である宇宙マイクロ波背景放射の環等、そして宇宙の果てまでが描かれています。

つまり、この簡易的な地図が宇宙の全体像を表現したモノですが、
実際の宇宙は、地図等には絶対に収まらない程広大だという事は言うまでものなく、おそらくは、人類の観測技術がどれだけ進歩しようとも、宇宙の果てを知る事は出来ないでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ