Sponsored Link

太古の天の川銀河は強烈に輝き幻想的な星空を演出していた

夏のこの時期。
外に出て星空を眺める機会も多くなり、天の川も幻想的な輝きを魅せてくれます。

そんな天の川を誰もが一度は目にして綺麗!と思った事でしょう。

しかし、私たち人類の祖先が見ていた天の川はこんなモンじゃなかった。

もっと明るく幻想的に輝き、圧倒されるような美しい星空の光景を見ていた!?

そんなロマンチックな研究結果が発表されています。

現代で見る事が出来る最大限に美しい天の川

天の川とは、夜空を見上げるとまるで川が流れているように見える光る星の帯。

条件さえ良ければ、肉眼でもハッキリと美しく見る事が出来、星空の代名詞とも呼べる幻想的な光景です。

また、日本では”天の川”~川(河)として例えられていますが、ギリシャ神話では”乳”に例えられMilky Way(ミルキーウェイ)と呼ばれています。

実際、私たちが肉眼で天の川を観測する場合、晴天で街明かり等の光を遮る障害物等が無い場合、視力の良い人でこのように見えると思います。



特に夏と冬の時期の天の川は、南北に頭の上を越える位置に来るため、より幻想的で美しい星の帯を眺める事が出来ます。

何故天の川は光の帯のように見えるのか?

天文・宇宙に詳しくなくても、私たちの住む地球は太陽系の中にあり、その太陽系は2,000億個を超える星の大集団である天の川銀河(銀河系)の中にある事はご存じだと思います。

ただ、銀河と言えば一般的にこんなカタチ↓↓をイメージするかも知れません。


「画像参照:天の川銀河の想像図(Wikipediaより)」

しかしこれは、銀河を外から見た場合の事。

夜空を見上げて見える天の川の光の帯は、私たちが銀河系の中にいるからこそ見える光景なのです。

私たちの太陽系は、銀河系の中心から約2万6,000光年の位置にあります。


「画像参照:銀河を横側から見たイメージ(Wikipediaより)」

つまり私たちは、天の川を目印にして銀河の内側を見ている事になるのです。

ですが、銀河の中には太陽を含め数千億個の星がギッシリと詰まって明るく見えるハズなのに、私たちが眺める事が出来る星の集団である天の川はボンヤリとしか見えない。

それは何故なのか?

理由は、見た目は星がギッシリと詰まっているように見えますが、実際は星と星の間隔は広く、ほとんどの星の間隔は1光年以上は開いており、また、地球から銀河の中心方向に目を向けても、その間に光を遮る様々な物質があるため、それが視覚的な障害となり、本来は明るいハズの銀河の中心方向がボンヤリとしか見えていないのです。

Sponsored Link


銀河の中心にあるモノとは?

この記事の本題に入る前に知っておかなくてはならない事。

それは、2,000億個以上の星の集団を従えている銀河の中心には何があるのか?

私たちの天の川銀河に限らず、ほとんどの銀河の中心には想像を絶する巨大な大質量ブラックホールがある事がわかっていて、天の川銀河の中心にもいて座A*(いてざ・えーすたー)と呼ばれる太陽質量の約400万倍にも及ぶ超大質量ブラックホールがあります。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

私たちの地球が太陽の周りを1年かけて回っているように、太陽もまた巨大ブラックホールの周りを、2億年以上かけて銀河の中を駆け巡りながら回っているのです。

350万年前の人類の祖先は光輝く天の川の幻想的光景を見ていた!?

単純に考えると350万年前と言えば、今のような星空の光を遮るような文明の灯り等なく、また今よりずっと空気も澄んでいたと思いますので、その頃の夜空は眩いばかりに美しかったのでは?と想像出来ます。

さらに350万年前に、銀河の中心にある巨大ブラックホールに大規模な水素雲が落下し、猛烈なフレア爆発を起こしていたという痕跡を発見したという研究結果が発表されています。

つまり太古の時代、今よりもずっと星空は綺麗だった事に加え350万年前は、銀河中心で起こった巨大フレア爆発によって天の川がより明るく照らされ、輝いて見えていた可能性があるというのです。


「画像参照:350万年前の夜空の光景イメージ(NASA, ESA, G. Cecil (UNC, Chapel Hillより)」

この巨大フレア爆発によって、夜空にぼんやりと幻想的な光の雲を作り出したと考えられており、それは幻想的で美しい光景だったのかも知れません。

当時、アフリカの大地で誕生したとされる人類の祖先は、その地からこの光景を眺めていたのかも?!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ