Sponsored Link

春と夏の「みずがめ座流星群」の見頃の時間帯や方角と今後の観測予想

みずがめ座流星群には、観測出来る時期が異なる2つの流星群があります。
1つはみずがめ座η流星群(イータ)で、毎年5月上旬に観ることは出来、2つ目はみずがめ座δ流星群(デルタ)こちらは7月下旬となります。

もちろんこの2つは同じみずがめ座方向から流れてくるのでみずがめ座流星群と呼ばれているのですが、今回は両方のみずがめ座流星群について見頃やその時間帯、方角、観測予想などについて解説します。



みずがめ座流星群について

みずがめ座流星群は3大流星群並み(しぶんぎ座流星群・ペルセウス座流星群・ふたご座流星群)の流れ星量を誇る流星群なのですが、日本ではそれほど注目を浴びていません。

理由は、この流星群は緯度の低いところを放射点にして流れて来るため日本では観測しづらいという事。
なので、日本で観測するベストな場所は緯度の低い沖縄方面に行くのが良いのですが、この流星群の見える時期はゴールデン・ウィークや夏休みに重なりますので、思い切って海外の南半球に行って見るのも良いかも知れません。
とは言え、それはなかなか難しいかも知れませんので、日本でのみずがめ座流星群の観測情報をお伝えします。

みずがめ座η流星群(イータ)のピーク時と方角

みずがめ座η流星群(イータ)が出現するのは4月下旬から5月上旬にかけて。まさにゴールデン・ウィークと重なり時期的にはとても観測しやすいタイミングと言えるかも知れません。

ピーク時は連休終盤の5月5日~6日。
その年の見え方にもよりますが、夜中から明け方にかけてがベストと言えます。

見える方角は、東の空の低い位置を中心にして流星が観測出来ます。
ですので、観測場所は開けた高い場所や、東方向が開けている海側で見ると良いでしょう。

この流星群は流星量が多いことでも知られていますので、極大時期には1分間に数個見れる期待もあります。

みずがめ座η流星群(イータ)今後5年間の観測予報

前述したように、みずがめ座η流星群は高度の低い位置から観測出来る流星群です。
そのため、東側かた湧いてくる雲の状況などを確認しながら観測して下さい。

  • 2016年:この年は過去数年間で、最も好条件での観測が期待出来ます。
    ピーク時は5月6日の明け方。
  • 2017年:まずまずの条件で観測出来る予想。
    ピーク時は5月6日の明け方から早朝にかけて。
  • 2018年:月明りに邪魔をされて観測には良くない年になる予想。
    ピーク時は5月6日日の入り後。
  • 2019年:この年もかなり良い条件で観測出来ると思えます。
    ピーク時は5月6日夜半から未明にかけて。
  • 2020年:満月ではないが月明りで見えにくいかも。
    ピーク時は5月5日未明。

Sponsored Link


みずがめ座δ流星群(デルタ)のピーク時と方角

みずがめ座δ流星群(デルタ)が出現するのは7月下旬から8月上旬にかけて。
この流星群は複雑な構造で、南北から分かれて出現して来ます。また同時期にやぎ座流星群も出現するため、様々なな方向から観測出来るのが特徴です。

ただ、出現数はそれほど多くないため、1時間に数個程度しか見ることが出来ない可能性があります。
でも、涼しい夏の夜空ですのでキャンプなどのイベントと一緒に観測し、天の川と合わせて見たら少ない流星群でも楽しめるのではないでしょうか。

なお、ピーク時は7月27日~29日頃となっています。

みずがめ座δ流星群(デルタ)今後5年間の観測予報

みずがめ座δ流星群(デルタ)は全天どの方向からでも見られる流星群ですので、なるべく空が開けて見える場所から観測して下さい。

  • 2016年:夜になると月が昇って来るため、あまり条件は良くなさそう。
    ピーク時は7月28日の夜半。
  • 2017年:夜の早い時間帯は月が出ているためいまひとつ。
    しかし月が沈んだ夜半からは好条件で見られる可能性大。
    ピークは7月28日の夜半。
  • 2018年:ピークは7月28日。しかしこの日は満月です。
  • 2019年:日没後から夜中まで好条件で見える予想。
    ピークは7月28日。
  • 2020年:夜は月明りのため良くないですが、明け方は月も沈み好条件。
    ピークは7月28日。

みずがめ座δ流星群(デルタ)は夏時期のため観測時期としては好条件と言えますが、出現する流星量自体が少ないため、天文ショーとしての期待度は低いでしょう。
ただ、高度の低かったみずがめ座も、夜中以降は高度が徐々に上がってきますので、夏の夜長の観測に向いているかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ