「2016年3月」の記事一覧

土星の衛星エンケラドスに間欠泉が噴出する原因と今後の生命を探す探査

メディアでも大きく取り上げられ、生命が存在する可能性が高いと話題になっている土星の衛星・エンケラドス。 その生命存在の可能性を高めてくれているのが、エンケラドスの地表から噴出されている間欠泉です。 氷の星であるハズのエン・・・

木星は地表のない太陽系最大のガス惑星なのに太陽になれなかった理由

木星は太陽系で最も大きな惑星で、地球のような表面を岩石で覆われた惑星ではなく、星全体がガスで構成され陸地など存在しない星でガス惑星と呼ばれています。 実はこのガス惑星である木星の造りは太陽と良く似ていて、主に水素とヘリウ・・・

小惑星の起源と地球最接近衝突が危険な天体はどこからやって来るのか?

太陽系は、太陽と8つの惑星やそれを取り巻く衛星、また冥王星のような準惑星など。 そして小惑星や彗星など無数の小天体で構成されています。 しかし、小惑星などの小天体は時として地球に牙を向け最接近し、衝突することもあります。・・・

昔の火星人存在説は小説と誤解から生まれたが現在も仮説として残る理由

太陽系に存在する星の中で、生命溢れる星は地球だけです。 そんな地球に最も近い環境を持っているのが火星なのですが、最も近いと言ってもそれは必ずしも生命が存在するということに繋がるワケではありません。 しかし、火星には以前か・・・

肉眼または双眼鏡で彗星や火星、土星を同時に見れる天体ショー到来

久々に夜空に輝く尾を引く彗星を観測出来そうな予感到来です。 その彗星の名前はリニア彗星(252P)。2016年3月下旬から4月上旬にかけて見ることが出来るそうです。 このリニア彗星は、どのように見えるのでしょうか?肉眼?・・・

ヴァンアレン帯通過時の放射線量密度は宇宙飛行士に危険なレベルか?

1960年代から70年代にかけて人類が到達した有人月ミッション「アポロ計画」。 これについてネット等で捏造のウワサも出ていますが、その疑惑の原因のひとつに地球と月の間にある宙域「ヴァンアレン帯」があります。 ここには、人・・・

最新の太陽フレア研究で影響する地球滅亡の危機を描いたシナリオとは?

太陽フレアという天文現象をご存じでしょうか? これは太陽表面で比較的頻繁に起きている爆発現象で、太陽の活動が活発になっているときに発生しています。 頻繁に起きる現象なので特に気にする事もないと思うのですが、ある天文学者た・・・

冥王星の探査で発見された7つ新事実と特徴を最新の動画で確認

かつて太陽系第9番目の惑星であった冥王星。 冥王星は惑星としては極めて小さい天体であったため、現在はワンランク格下げとなって準惑星という位置づけです。 そのため、これまではあまり特徴の無い小さな氷の天体だと考えられていた・・・

木星のオーロラが地球とは比較にならないくらいダイナミックな理由とは?

オーロラは地球では、北極や南極などに近い緯度の高い地方で見られる自然現象です。 オーロラは幻想的でダイナミック、そしてとても美しい。 しかし、オーロラが発生するのは何も地球だけではなく、太陽系の様々な星で観測出来ることが・・・

「はやぶさ2」に搭載されたイオンエンジンの原理や仕組み推進出力とは?

2014年暮れ、H-IIAロケットで打ち上げられ無事地球から旅立ったJAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」 途中、軌道修正と加速を行うため地球の引力を利用したスイングバイも無事成功し、現在も小惑星「リュウグウ」に向け順調に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ