「2016年4月」の記事一覧

日本単独の有人宇宙飛行計画の意義と実現予定はいつになる?

人類が初めて有人宇宙飛行を行ってから半世紀以上経過した現在。 これまで単独で有人宇宙飛行に成功したのは、アメリカ、ロシア(旧ソ連)、中国の3カ国のみです。 日本もこれまで、単独で数々の人工衛星や無人探査機の打ち上げには成・・・

太陽系外縁天体群エッジワースカイパーベルトの距離と大きさ

太陽系外縁天体の1つである冥王星まで無人探査機が到達し、 ついに、太陽系の惑星全て(冥王星はかつて惑星だった)に、人類が手を伸ばしたということになります。 そして今後、大きな注目となり人類は新たな領域に探査の目を向けるこ・・・

木星が地球を守る瞬間(小惑星衝突)映像が動画サイトに公開

巨大な重力を持つ、太陽系最大の惑星・木星。 木星と地球は遠く離れていますが、木星は地球の守り神とも言われています。 そんな木星が地球を守っている瞬間が捉えられ、その映像が公開されて話題になっています。 いったい、木星が地・・・

地球近傍小惑星が衝突する可能性と絶滅危機回避の方法は?

人類が終焉を迎える危険性が高いのが、核戦争や未知の伝染病の蔓延、はたまた異星人による侵略等。 異星人の侵略はともかく、核戦争や伝染病は人類が絶滅する事を防ぐ手立てはあるかも知れませんが、現時点では防ぐ手立てがなく、終焉を・・・

巨大デススター?高度な文明を持つ宇宙人存在の痕跡を発見か

太陽系外惑星を発見するために大気圏外に設置された、 ケプラー宇宙望遠鏡が奇妙な天体を発見したことが話題になっています。 それは、地球から約1,480光年先にある恒星系KIC8462852に、 惑星としては説明のつかない巨・・・

太陽が2つ以上存在する連星系惑星は例外でなく常識だった

私たちの太陽系は、命の源である燃える星・太陽を中心に、現時点では8つの惑星とその他の天体が周り構成されています。 つまり、私たちにとって太陽は1つというのが常識なワケです。 しかし、宇宙は太陽系だけでなく、果てしなく広い・・・

最新ロケット映像ファルコン9(スペースx社)実用化時期は

まるで、アニメやCG映像のような動画が公開され話題になっています。 それは、アメリカの民間宇宙ベンチャー企業が開発している商業用ロケットの実験映像。 打ち上げたロケットが舞い戻って来て、逆噴射で垂直着陸するというモノ。 ・・・

ロシアのスペースシャトル開発の過去と今後の宇宙開発事情

2011年に惜しまれつつ退役したアメリカNASAのスペースシャトル。 このスペースシャトルは誰もが知っている有名な宇宙船です。 しかし、かつて旧ソ連(ロシア)でもスペースシャトルを開発していたって事実をご存じでしょうか?・・・

恒星間航行探査実現の可能性は光推進システムで計画を構想中

驚きのニュースを耳にしました。 なんとそれは、SFの世界だけの話だと思っていた恒星間探査が実現するかも知れないという話。 しかも、我々が生きている数十年先の近未来に、その探査計画が実施される可能性があるとの事です。 人類・・・

宇宙ホテルの運用開始時期はビゲロー社の設備技術確立が鍵?

宇宙ビジネス創世記とも言える2010年代。 民間が次々に宇宙事業に参入して来て、新しいアイデアや設備技術も続々登場しています。 ここでご紹介するのは、そんな民間組織である宇宙ベンチャー企業がビジネスの一環で生み出した画期・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ