Sponsored Link

幸運の星カノープスを北半球で観測出来る季節と見つけ方とは

カノープスって星をご存じでしょうか?

カノープスは全天で観測出来る太陽を除いた、2番目に明るく見える恒星です。

1番目に明るい恒星のシリウスは有名なんですが、カノープスについてはあまり知られていません。

その理由は、私たちの住む北半球ではなかなか見る事が難しいため。

それ故に、カノープスを見つける事が出来ると寿命が延びるとまで言われる幸運の星なんです。

カノープスってどんな星なの?

北半球・南半球を含めた全天で明るく輝く恒星は太陽を除いて21個あります。

この21個の恒星を1等星と呼ぶワケですが、ここで言う1等星とは”見かけの等級”または実視等級と呼び、実際に肉眼で見て最も明るく見える恒星を1等星から暗く見える順番に分類して行き、肉眼でやっと見える恒星の6等星までを定めています。

そんな全天で見える21個の恒星の中で、今回ご紹介するカノープスは2番目の明るさで21番目までのランキングは以下のようになります。

 
順位     名 称    星 座 見かけの等級 距離(光年)
1 シリウス おおいぬ座 -4.46 8.60
2 カノープス りゅうこつ座 -0.74 309.00
3 アークトゥルス うしつかい座 −0.05 36.70
4 リギル・ケンタウルス ケンタウルス座 0.01 4.39
5 ベガ こと座 0.03 25.03
6 カペラ ぎょしゃ座 0.08 42.78
7 リゲル オリオン座 0.13 862.43
8 プロキオン こいぬ座 0.37 11.46
9 ベテルギウス オリオン座 0.42 642.22
10 アケルナル エリダヌス座 0.46 139.38
11 ハダル ケンタウルス座 0.60 391.83
12 アクルックス みなみじゅうじ座 0.667 320.00
13 アルタイル わし座 0.76 16.72
14 アルデバラン おうし座 0.86 66.61
15 アンタレス さそり座 0.91 553.48
16 スピカ おとめ座 0.97 249.62
17 ポルックス ふたご座 1.14 33.77
18 フォーマルハウト みなみのうお座 1.16 25.11
19 デネブ はくちょう座 1.25 1,411.26
19 ミモザ みなみじゅうじ座 1.25 278.39
21 トリマン ケンタウルス座 1.33 4.39
では、この明るい1等星のカノープスとはどんな恒星なのか?

カノープスはりゅうこつ座のα星。
つまり、りゅうこつ座では最も明るい星です。


「画像参照:スタディスタイル 自然学習館」

地球からカノープスまでの距離はおよそ310光年。

1等級ランキングをご覧いただくとわかるかと思いますが、上位に5以内に入る恒星の中でもカノープスが圧倒的に地球から遠い事がわかります。

これは、カノープスが大きく重たい(質量)恒星である事を意味し、推定では太陽質量の10倍以上で非常に若く(誕生から数百万年?)、輝きも青白い事から表面温度も高く星の内部では激しい核融合反応が起こっているモノと思われます。


「画像参照:カノープスの拡大写真(NASAより)」

見る事が出来たら寿命が延びる?ラッキーな星・カノープス

全天で一番明るい恒星のシリウス(マイナス1.5等)は有名ですが、2番目に明るいカノープス(マイナス0.7等)の名前を知っている人はあまりいないかも知れません。

2番目に明るい星なのに、何故カノープスはメジャーではないのか?

その大きな理由になっていると思われるのが、私たちの住む北半球での観測は難しく、観測出来ても水平線や地平線ギリギリの高さにしか見る事が出来ないからです。

つまり、なかなか見る事が出来ないカノープスは、激レアな星と言えるかも知れません。

しかも、低い高度で現れるため短い時間しか見えない事もあり、実際は表面温度が高く青白い恒星なのですが、見える高度が低いため大気の影響で赤みがかって見える事から、昔から中国では寿老人の星南極老人星と呼ばれ、見る事が出来れば寿命が延びるとの伝説もあるほどです。

Sponsored Link


また、日本では信仰の対象でもあったカノープス。

海に囲まれた日本では、古来から水葬が行われており、水平線の彼方に見えるカノープスは亡者たちの世界がある目印として、言い伝えでは布良星(めらぼし)」と呼ばれ、荒れた海で亡くなった漁師の魂が海の彼方から仲間の漁師を呼んでいるのだという信仰めいた事も言われて来たといいます。

カノープスの見つけ方と観測チャンスの時期は?

秋から冬の夜、水平線ぎりぎりで見えるため、空気中の水蒸気や塵で光が歪められる事で、ぼんやりと輝く赤い星に見えるカノープス。

カノープスがあるりゅうこつ座は南天の空で見える星座のため、日本ではなかなか見る事が難しく、特に北日本で観測する事はほぼ絶望的と言えます。

ですが、関東方面以南では見る事は可能で、特に2月の時期が絶好の観測チャンス。

それに冬の時期は比較的空気も澄んでいますので、かなり寒いかも知れませんが南の空、水平線(地平線)を見上げれば見つける事が出来、その見つけ方も意外と簡単です。

例えば、見つけ方として東京で観測する場合を基準とすると、夜20時から22時頃にかけて観測すると、水平線から約2.0度のかなり低い高さで観測する事が出来ます。

また見つけやすい目印もあり、
まずは冬の代表的な星座であるオリオン座を探してから、冬の大三角の一角である一番明るく輝くシリウスを探します。

そして、シリウスからずっと目線を下げて行くと、水平線(地平線)ギリギリの高さで赤く輝く明るい星・それがカノープスです。


「画像参照:国立天文台 天文情報センター」

カノープスの見つけ方はそれほど難しくはありませんが、観測する事が難しい稀星と言われるこの星。

確実に観測するには、カノープスの高度が最も高くなった時間帯でなくてはならず、2月は20時~21時頃がねらい目です。

また、1月や3月も観測は可能ですが、見える高さがかなり低いため、あまりおすすめは出来ないかも知れません。

ちなみに、カノープスがいくら明るい1等星だと言っても、見える位置が位置だけに、月明かりや街明かりがある時は観測を避けましょう。

そしてなんといっても、建物や山などで視界を遮らない場所で観測する事。

それだけは観測の必須条件です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

テキストのコピーはできません。