Sponsored Link

リアル撮影した宇宙で一番遠い天体写真の小惑星の正体とは?

人類の生み出したテクノロジーは、
ついに、地球から何十億キロも離れた天体まで、
直接探査に行けるようになりました。

そんな人類が直接探査を行った最遠の天体が、
当サイトでも何度かご紹介した小惑星「ウルティマ・トゥーレ」。

でも、「ウルティマ・トゥーレ」の撮影に成功はしたものの、
この小惑星がどんな天体なのか?いま一つわからない。

それは何故なのか?
そして謎の天体「ウルティマ・トゥーレ」とはどんな星なのか?

現時点でわかる範囲内で調べてみました。

人類史上初の探査を行った太陽系外縁天体「ウルティマ・トゥーレ」とは?

2019年1月。史上初の冥王星探査を大成功させたNASAの探査機ニュー・ホライズンズが、ついに前人未踏の地にある天体の観測に成功。

その天体の名前が小惑星2014 MU69。
またの名を愛称で「ウルティマ・トゥーレ」(最果ての地)と呼ばれています。


「画像参照:NASA’s Mission to Pluto and the Kuiper Belt」

画像でわかるとおり、大小2つの天体がくっついたような歪な姿。

その大きさは長径約31キロ、大きい方が直径約19キロ、小さい方が直径約14キロ。

まるで瓢箪か雪ダルマのようなカタチで非常に特徴的です。

そんな「ウルティマ・トゥーレ」は地球から約65億キロの彼方にあり、
その場所は、エッジワース・カイパーベルトと呼ばれる、
海王星軌道の外側に円盤状に広がる無数の小天体が散らばる太陽系外縁部。

小惑星ウルティマ・トゥーレは、エッジワース・カイパーベルト天体のひとつです。


「画像参照:NASA公式サイト」

ウルティマ・トゥーレに到達した探査機ニュー・ホライズンズから送られて来るデータが地球に届くまで2日もかかる事から、この場所が如何に遠いのか?

そしてそんな場所に、ピンポイントで探査機を接近させた技術が、どれだけスゴイ事なのか?

私たち一般人には到底理解できない事ではないでしょうか。

ちなみに、ニュー・ホライズンズのメイン・ミッションとなった冥王星探査。

冥王星もまたエッジワース・カイパーベルト天体のひとつです。

快挙なのに公開されている情報が少なすぎるウルティマ・トゥーレ

人類史上初の最遠天体ウルティマ・トゥーレを観測した探査機ニュー・ホライズンズ。

ニュー・ホライズンズは、2019年1月1日14時33分(日本時間)にウルティマ・トゥーレに最接近。

その接近距離はわずか約3,500キロだったと言います。


「画像参照:NASA/JHUAPL/SwRI」

しかし、ニュー・ホライズンズがウルティマ・トゥーレに接近した最大の目的は、
探査機自らの速度と軌道を変えるためのフライバイ

つまり、天体の重力や自転運動を利用する事で、
燃料を使わずして加速や方向転換をするためにウルティマ・トゥーレが利用された事になります。

そのため、ニュー・ホライズンズがウルティマ・トゥーレを探査・観測出来る時間は限られており、
しかも、時速約5万キロという猛スピードで接近し通過するわずかな時間のみ。

冥王星探査の時とは違い、ニュー・ホライズンズはフライバイを行う短い時間でウルティマ・トゥーレを観測するしかなかったため、詳細な分析までは困難だったと思われます。

さらに、ウルティマ・トゥーレの情報が少ない理由の一つに、
ニュー・ホライズンズから地球までの距離が遠過ぎる事。

地球から70憶キロにも達しようという距離から、ウルティマ・トゥーレの全観測データが地球に送られて来るのに20カ月ほどもかかってしまうため、未だ全容が解明されていない原因はそこにもあります。

Sponsored Link


現在判明しているウルティマ・トゥーレの正体

探査機ニュー・ホライズンズが観測したウルティマ・トゥーレの全容解明まで、まだ時間はかかりますが、それでも少しずつ情報が公開されています。

そんなウルティマ・トゥーレの正体について、
現時点(2019年6月)でわかっている事をおおまかに解説すると。

カタチは雪ダルマではなく”パンケーキ”だった

当初公開されたウルティマ・トゥーレは、大小2つの小天体が合体したような、
言わば”雪ダルマ”のような形状。

しかし、その後届いた観測データの分析で、
”雪ダルマ”ではなく”パンケーキ”のような平べったい形状だった事が判明しています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

ちなみに、この形状を見た研究者たちは、
大きな方を「ウルティマ」と呼び、カタチを巨大なパンケーキ。

小さい方を「トゥーレ」、潰れたクルミと呼んでいるそうです。

歪な形状はどのようにして作られたのか?

雪ダルマ、そしてパンケーキのような天体ウルティマ・トゥーレ。

何故、このような形状をしているのか?
その理由として考えられるのは、
おそらくは数十億年前、ウルティマとトゥーレは互いの周りを回る連星であり、
互いの周りを回るうちに、緩やかに接触し繋がったのではと推測されています。

2つの天体が合体したと推測する理由に、プロペラのように自転している事。


「画像参照:Wikipedia」

このように、2つの天体が互いに周る事により、
少しずつ軌道運動量が失われ合体したモノと考えられています。

鮮明な画像が公開されたウルティマ・トゥーレ

最初に公開されたウルティマ・トゥーレの画像は、
細部までは不鮮明で、あまり詳細な部分まではわかりませんでした。

しかし、少しずつ観測データが地球に届くに連れ、
かなりリアルで鮮明な画像が見られるようになって来ています。


「画像参照:ウルティマ・トゥーレの鮮明画像(NASAより)」

この鮮明画像でわかるのは、ウルティマ(大)とトゥーレ(小)の結合部分が明るく見える事。

これが意味するのは、結合した際に物質組成が変わってしまった事が考えられるそうです。

また、表面に見える凹みは、クレーターもしくは、
元々内部にあった揮発性物質(ガス)が放出された時に出来たモノではないかと考えられています。

気になるニュー・ホライズンズの次のミッションは?

ウルティマ・トゥーレに接近しフライバイを行った探査機ニュー・ホライズンズ。

フライバイを行ったという事は、まだ任務が終了したワケではありません。

ニュー・ホライズンズは太陽系外縁天体探査機です。

つまり、太陽系外縁天体の冥王星、ウルティマ・トゥーレを含め、
もっと広くカイパーベルト領域内を飛び続け、探査を行うミッションが待っています。

ミッション内容は、今後も20個以上のカイパーベルト天体を観測し、
エッジワース・カイパーベルト全体に広がる塵や荷電粒子を調べ、
太陽系組成の謎を探る計画だと言います。

ただ、現在地球から70億キロ近くも離れてしまい、
今も時速5万キロで地球から遠ざかりつつあるニュー・ホライズンズ。

太陽系最遠エリアまで行ってしまった探査機と交信を続けるのは、
非常に困難で高度な技術が必要な事は確かです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ