Sponsored Link

閏年とは?地球の自転と公転が正確にわかる天文的な相互関係

今年は閏年です。
つまり、1年が365日ではなく1日多い366日である事で、
4年に1回2月29日がやって来る年です。

でも、閏年を何故この天文系のサイトで取り上げるのか?
それは、地球が太陽を1周する公転周期に大きく関係し惑星科学の意味で解説出来ます。

何故なら、365日で地球が太陽を一周するワケではないから閏年が必要になって来るのです。

「閏年」と天文との関係

「1年は何日?」と聞いて、ほぼ間違いなく返ってくる答えは「365日」ではないでしょうか?

つまり、地球に住む私たちにとって1年というのは、地球が太陽の周りを1周する日数が365日に当たるワケです。



ただ、1年が365日というのは正解ではありますが、厳密にいうと不正解とも言えます。

実は地球は正確に365日で太陽を一周しているのではなく、
実際は365.242日かけて太陽を1周しているのです。

この0.242日分の誤差を調整するために、4年1回訪れる1日多い366日の”うるう年”があるのです。

しかし、ここで疑問に感じる事があると思います。

閏年で4年に1日の日数調整をするのであれば、地球の公転で生じる誤差は0.25日ではいけないハズ。

ですが実際の誤差は0.242日で少し足りません。

また、地球の自転速度も完全な24時間ではなく微妙な誤差が生じています。

その誤差を補うために行われるのが”うるう秒”と呼ばれる不定期で行われる時刻の調整で、基本的には半年単位の6月末か12月末に適宜導入されています。


「画像参照:実際には存在しない時間を追加する”うるう秒”(Wikipediaより)」

この閏年と”うるう秒”で調整される日数と時間の誤差調整で、私たちは正確な年数と時間を知る事が出来、日々快適に暮らせる事が出来ているのです。

「閏年」で調整をしなかったらどうなる?

もし、閏年が無かったらどうなるのか?

当然ながら、少しずつ時間がズレて行き季節も滅茶苦茶になっていくでしょう。

そんな閏年について、詳しく解説している動画があり、閏年での調整を行わなかった場合400年後には北半球と南半球の季節が完全に逆転してしまうそうです。

この動画は英語解説のアニメーションですが、英語がわからなくてもわかりやすく解説してくれています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

知っておこう地球は完ぺきな天体ではない事を!

私たちは1日を24時間、1年を365日だと信じ、地球もまたそのとおりに動いていると思い込んでいますが、それは大きな間違いです。

地球もまた不規則に変化する自然であって、私たちが思っているようには動いていません。

つまり、前述したように本当の1年は365.242日であって、
地球が自転する、いわゆる1日の長さも24時間ではなく23時間56分4秒なのです。

さらに、地球と太陽は常に同じ距離を保っていると思っている人も多いと思いますが、ほぼ真円に近い公転軌道を持っているとは言え、1年を通した時の太陽との距離は微妙な誤差があります。

ちなみに、地球が太陽に最も近づいた時の距離・近日点は1,4710,000キロ(0.9833AU)であり、
最も太陽との距離が離れた遠日点は1,5210,000キロ(1.0167AU)あり、距離的な誤差はさほどないため地球に住む生物にとってはそれほど影響は出てはいません。

また、地球の地軸の傾きは23.45度。
この傾きにより四季が造られていますが、これは衛星である月の引力でほぼ固定はされているモノの完全ではなく微妙にブレも生じています。

このような誤差についても、いつまでも同じというワケではなく、天文学的な時間とはなりますが時間の経過とともに少しずつ変わって来ています。

ちなみに、14億年前の地球では1日の長さが18時間41分だったとされており、それから1日の長さが1年当たり7万5000分の1秒ずつ長くなっており現在に至るワケで、今後も少しずつ地球の自転速度は長くなって行き、同時に1日の長さも長くなって行きます。

Sponsored Link


閏年でわかる奇跡の星・地球の素晴らしさ!

地球の公転や自転に誤差があるとしてもほんのわずかしかありません。

この背景には、地球が太陽の周りを回る軌道が約365日がある事。

これは、太陽と地球の距離間が絶妙であるとも言えます。

太陽と地球の距離は多少誤差があるモノの約1億5,000万キロ。

この距離は、水が液体の状態を維持出来るのに丁度良い太陽系のハビタブルゾーンのど真ん中にあり、さらに地球が太陽から受ける潮汐力がそれほど大きくないという距離間もあります。


「画像参照:Wikipedia」

もし、地球が太陽の潮汐力を大きく受けてしまうとどうなるのか?

それは地球が潮汐ロック状態になってしまうという危険な事になってしまう可能性があるからです。

潮汐ロックは何か?
わかりやすく言えば、地球と月の関係がそうです。

月は常に同じ方向を向けている。
これは地球の強い潮汐力で、月の重心が地球側に少しズレた事で起きている現象。

この潮汐ロックが地球に起こってしまった場合は、地球も同じ面を常に向けてしまう事になってしまい、生命が住めない惑星なってしまう可能性もあったのです。

つまり、1年が約365日という時間は、生命で溢れる地球を創り出しているという事にもなるのです。

同時にこれは非常に奇跡的な事とも言え、
人類は未だ地球と同じような条件を持った惑星を探し出す事は出来ておらず、今後もその発見はとても厳しい事が予想されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ