Sponsored Link

ベテルギウスの超新星爆発は遥か遠い未来である事が判明した

もう間もなく超新星爆発を起こし、世紀の天体ショーを見せてくれる!?
と期待されているオリオン座のα星・ベテルギウス。

一部ではその爆発は今年中にも?!とウワサされていたのですが、ここに来て残念な情報が入って来ました。

その残念な情報とは、ベテルギウスの超新星爆発はまだまだ先の事だというのです。

しかもその世紀の天体ショーは、私たちが生きているウチには見れそうにもなさそうなのです。

恒星進化の最終段階にある巨星・ベテルギウス

冬の代表星座のオリオン座、そして冬の大三角の一角を成す一等星・ベテルギウス。

ひと際目立つその姿は冬の夜空に赤く輝いており、星に詳しくない人でも容易に見つける事が出来ます。


「画像参照:Yahoo!JAPAN きっず図鑑

そんなベテルギウスは、恒星としての進化の最終段階にあり、大きく膨張した姿に変貌。

いわゆる赤色超巨星にまで進化しています。

その大きさは想像を絶するモノで、直径がおよそ14億キロ。
ベテルギウスを太陽の位置に置き換えると、木星軌道にも達する大きさです。


「画像参照:mail Onlineより(※ 左下0.015″は太陽と地球の距離である1天文単位を表します。」

ここまで進化をしたベテルギウスはいつ重力崩壊を起こしてもおかしくない状態にあり、数年前から「ベテルギウスの超新星爆発は間近である。」と言われ続けて来ました。

Sponsored Link


ベテルギウスの超新星爆は人類史上初の大天体ショー

ベテルギウスのように赤色超巨星まで進化を遂げた恒星は、宇宙にはたくさん存在します。

なのに何故、ベテルギウスが超新星爆発を起こすと世紀の天体ショーとなるのか?

それは単純にベテルギウスと地球との距離が近い事にあります。

ですが近いとは言っても、秒速30万キロで進む光の速さでも640年かかる距離にあるのですが、それでも宇宙の距離的感覚で言うと近距離に相当するのです。

しかも640光年という距離は、かなり近い距離と言えます。

そんな近距離で起こるであろう超新星爆発は人類史の中でも前例がなく、初めての経験となります。

もし、ベテルギウスの超新星爆発が起こったら、地球からはどんな天体ショーが見れるのか?
そんなシュミレーションをした有名な動画があります。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

もしこんな天体ショーを見る事が出来たら、一生忘れる事の出来ない大イベントになると期待できるのですが、最新の研究報告によると、どうやら私たちが超新星爆発を目撃できる可能性は低いとの事のようなのです。

ベテルギウスの超新星爆まではまだ10万年以上の時間が必要か?

専門家たちの詳しい分析結果によると、ベテルギウスは現在、星の中心部で水素の燃料が尽き、次の段階であるヘリウムが熱核融合を起こしていると考えられています。

つまり、星の進化の過程を辿るとヘリウムの核融合の段階を経て、炭素や酸素等の核融合が始まる段階がまだまだ控えており、この全ての段階が終えるまでは、少なくとも10万年以上の時間が必要との推測が出ているのです。

また、当初見積もられていたベテルギウスの質量は太陽の約20倍と推定されていたのですが、今回の観測研究の結果で、現在の質量は太陽の16.5倍から19倍ほどで、当初の推定値よりわずかに小さいことも判明したのです。

この質量差によっても、最終段階までの時間差も出て来るため、超新星爆発まではまだまだ時間が必要であるとの結論が出てしまった事になったようです。

さらに、今回の研究では地球とベテルギウスまでの距離も再測定されており、当初は640光年と発表されていましたが、実はそれよりも100光年以上近い530光年である事も判明。

ですが、想定よりも距離が近かった事で、地球に何かしらの影響が及ぶ事はなく、それよりもこれからの研究で、もっとベテルギウスについての詳細な情報が判明し、もしかしたら超新星爆発の時期も早くなる可能性もあるかも知れません。

ただ、いずれにしても、私たちが生きているうちに近距離で起こる超新星爆発の観測は出来そうもない事は確定的のようです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。