Sponsored Link

アンドロメダ銀河の本当の大きさは?肉眼のハロー領域に驚愕

私たちの住む太陽系が属している銀河は天の川銀河です。

天の川銀河は直径約10万光年の大きさと考えられていますが、それよりも巨大な銀河で知られているのが、天の川銀河のお隣りにあるアンドロメダ銀河です。

その大きさは天の川銀河の倍以上で直径約26万光年あるとされていますが、実は銀河そのものはもっと巨大で壮大な規模を持っているのです。

天の川銀河とアンドロメダ銀河の規模を比べてみる

冒頭でもお話しましたが、私たちの住む銀河である天の川銀河の大きさは直径約10万光年もある巨大な棒渦巻銀河で、私たちの太陽系は銀河の中心から約2万6,000光年とだいぶ離れた位置にあります。



「画像参照:天の川銀河の想像図と銀河を横側から見たイメージ(Wikipediaより)」

しかし、そんな天の川銀河をも凌駕する大きさを持つのがアンドロメダ銀河(渦巻銀河)で、直径は倍以上の約26万光年と考えられています。


「画像参照:アンドロメダ銀河(Wikipediaより)」

そもそも何万光年と言われても、いまいちピンと来ないかも知れませんが、1光年とは1秒間で地球を7周半(約30万キロ/秒)もの超高速で進む光が1年で進む距離で、これをキロメートルに換算すると約9兆5000億kmというとてつもない距離になり、それの10万年~26万年分の距離となれば、もう想像すら出来ない距離になるのではないでしょうか?

あまりにも巨大なアンドロメダ銀河。
それ故に、地球から約250万光年も離れているのに肉眼でも観測する事が出来るほどです。

無数の星の集合体である銀河

銀河は、無数の星(恒星)やガスや塵等で形成された、無限に広がる宇宙に散らばる言わば島宇宙です。

では、銀河にはどれくらいの星があるのか?

私たちの天の川銀河は約2,000億以上の星の集合体で、星というのは地球や木星といった惑星ではなく太陽のような自ら輝く恒星の事を指します。

そんな星の多さがわかる画像がコレ↓↓


「画像参照:European Southen Observatory」

上の画像は、私たちが夜空を見上げた時に見える天の川(銀河)の一部を高解像度で撮影したモノです。

さらに、上画像の赤枠部分を拡大するとこのように見えます↓↓。


「画像参照:European Southen Observatory」

画像に写っている小さな光点のひとつひとつが星であり、これが10万光年の領域に広がるとその数は2,000億個を超えてしまうスケールになってしまうのです。

となると、天の川銀河よりスケールの大きいアンドロメダ銀河ともなると、星の数は1兆個を超えるとかんがえられており、もはや理解不能とも言える圧倒的なスケールです。

Sponsored Link


アンドロメダ銀河が巨大な理由は中心にある2つの巨大ブラックホール

2,000億個もの星の集合体である天の川銀河。

そんなとんでもない数の星の中心にはいったい何があるのか?

多くの銀河には、中心部がより明るく輝き膨らんでいる部分があります。
この膨らみは「バルジ」と呼ばれ、ここには年老いた古い恒星たちが数多く集まっていると考えられて、さらにバルジの中心付近にあるモノは、太陽質量の400万倍とも考えられる超大質量ブラックホールです。


「画像参照:Wikipedia」

地球が太陽の周りを1年かけて公転しているように、太陽もまたブラックホールの周りを2億年以上かけて周っています。

そして天の川銀河と同じようにアンドロメダ銀河の中心にも超大質量ブラックホールが存在しており、しかも数は2個あると考えられています。


「画像参照:アンドロメダ銀河の中心部(NASAより)」

この2つの超大質量ブラックホールの質量は、推定で太陽の約1億5,000万倍前後ではないか?と考えられています。

銀河の真の大きさは驚愕の大きさだった!

一般的に私たちが「銀河」と呼んでいる部分は、渦巻き型のディスクと呼ばれる部分です。

しかし、本当の銀河はディスクよりもさらに外側の領域まで広がっており、この領域はハローと呼ばれ、矮小銀河や球状星団等が広く分布しており、天の川銀河の場合、中心から約52万光年の外側まで広がっていると考えられています。


「画像参照:天の川銀河の構造(すばる望遠鏡H.P.より)」

ちなみに、天の川銀河の場合、ハロー内には約150個の数千~数百万個程の星で形成された球状星団が存在しており、矮小銀河である大マゼラン・小マゼラン雲もハローに属する、言わば天の川銀河の一部になる事になります。


「画像参照:さそり座の球状星団(Wikipediaより)」


「画像参照:Wikipedia」

天の川銀河よりも遥かに巨大なアンドロメダ銀河のハロー!

天の川銀河と同じようにアンドロメダ銀河にも200万光年にもおよぶハロー領域は存在していますが、残念ながらかなり密度が低いため観測する事は非常に困難です。

巨大なアンドロメダ銀河は肉眼で見る事が出来る銀河のひとつで、秋の夜空~北東方向に昇ってくるアンドロメダ座の中にあります。


「画像参照:星座図鑑」

ですが、もしこのアンドロメダ銀河のハローが肉眼で見えたらどのように見えるのか?

その想像図が公開されています。


「画像参照:NASA, ESA, J. DePasquale and E. Wheatley (STScI) and Z. Levay」

想像図でもお分かりのように薄く紫色に輝くのがハローで、その中心部にアンドロメダの渦巻き銀河が見えます。

天の川銀河とアンドロメダ銀河は衝突する運命

地球からアンドロメダ銀河までの距離が約250万光年。

そして天の川銀河のハロー領域までの大きさが約52万光年。

さらにアンドロメダ銀河のハロー領域が200万光年となると、この2つの銀河はかなり接近している状態と言えます。

つまり、お互いの銀河は干渉し合っており、少しずつ接近し約40~45億年後には衝突する運命にあると考えられています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

銀河同士の衝突と聞いて、恐ろしい事が起きるのでは?とイメージもしますが、実際は星同士が衝突する事はほとんどないと考えられています。

何より、今から40億年後の未来には地球そのものの存在がどうなっているか?はわからないですし、おそらくはそれより遥か以前に地球自体、生物が住めない星になっている事でしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ