Sponsored Link

銀河系の真の大きさ判明!天の川の境界線は想像を超えた果て

私たちが住む銀河(天の川銀河)の大きさは直径約10万光年。

この事は多くの人がご存じだと思いますが、
実は、銀河はもっと大きく広大な事がわかっています。

そんな銀河の大きさを測定し、銀河がどこまで広いのか?
その境界を見極める事に成功したそうです。

銀河は10万光年よりずっと大きい?
それっていったい、どこまで広がっているのでしょうか?

私たちが知ってる銀河系とは?

一般的に私たちがイメージする銀河のカタチって、
渦巻き型をした円盤状の星の集団ではないでしょうか?

事実、私たちが住む天の川銀河も、
見た目は渦巻き型をした平べったい円盤状をしています。


「画像参照:上と横から見た天の川銀河の想像図(Wikipediaより)」

私たちは銀河の中にいるため、決してその全貌を見る事は出来ないのですが、
おそらく天の川銀河は、上↑の画像のような形状(棒渦巻き銀河)をしていると考えられています。

この天の川銀河の構造は、
中心付近に太陽質量の約400万倍と想定される超大質量ブラックホール「いて座A*(エースター)」があり、その中心部に多数の恒星やガス・塵等の天体が集まって膨らんで見える銀河バルジ


「画像参照:Wikipedia」

さらに、バルジから多くの星やガス等が重力で集まり、
渦を巻くように滞留して伸びている複数(おそらくは4本)のスパイラルアーム

つまり、私たちが知っている銀河の全貌はこんな感じだと認識しているかと思います。

この銀河の円盤ディスクの端から端までがおよそ10万光年あり、
私たちの太陽系は、中心から約2万6,000光年離れたオリオン腕と呼ばれるスパイラルアームの1つの、外側に位置していると考えらています。


「画像参照:天の川銀河内での太陽系の位置とスパイラルアーム(Wikipediaより)」

ちなみに、銀河の画像を見ると、
私たちの太陽系も星が密集している領域に位置しているようにも見えますが、
実際の太陽系周辺の星の密度はかなり低く、
太陽のような恒星をスイカに例えるとするなら、
太平洋にスイカを2つ浮かべた程の密度だそうです。

Sponsored Link


銀河系は円盤部分がすべてではない!

実は、私たちが銀河系の全貌と思っている円盤ディスクは、
銀河のほんの一部分でしかありません。

本当の銀河はディスクの端から遥か外側に球状に広がる銀河ハローまでが銀河系の全体です。


「画像参照:天の川銀河の構造(名古屋市科学館より)」

これまで、銀河の外側囲むハローは直径15万光年ほどだと考えられて来ましたが、
日本の天文研究チームがハワイ島にある「すばる望遠鏡」を使って詳しく観測したところ、ハローを含む天の川銀河の境界を初めて確認することに成功。

その観測結果によると、天の川銀河の中心からハローが囲む端まで約52万光年もあることが判明。

つまり、真の天の川銀河の直径は、
10万光年のおよそ10倍もある約104万光年である事が分かったのです。

銀河ハローの内側には何がある?

今回、天の川銀河の直径は約104万光年もある事がわかりましたが、
気になるのは、そんな広い領域には何があるのか?

このサイトでも何度もご紹介して来ましたが、
私たちが知る銀河の円盤ディスク領域だけでも、2,000億個以上の星が存在し、
太陽はその中の1個に過ぎません。

つまり、銀河の円盤ディスク領域は星が集中している場所と言ってもイイのですが、
銀河の外側にあるハロー領域も銀河の円盤ディスクを丸く囲むように星たちが分布しています。

しかし、星の密度がディスク領域に比べる圧倒的に低いので観測が難しい状況にあり、
何故、これだけ広大な領域に銀河の支配圏が広がっているのかも謎でした。

でも、最近の観測と研究者たちの努力により、ハロー領域の謎が徐々に判明。

この領域にあるのは、目には見えない重力を宿す密度のある物質ダークマター

言わばこれににより、銀河を構成する母体となっている事がわかり、
この領域にある密度の濃いダークマターはダークマターハローと呼ばれています。

ハロー領域に密度の濃いダークマターが存在しているとなれば、
そこに星たちも集まって来ており、銀河ディスクよりは密度は低いものの、
多くの矮小銀河や球状星団がある事はわかっています。


「画像参照:天の川銀河の構造(すばる望遠鏡H.P.より)」

矮小銀河とは、数十億個以下の恒星からなる小さな銀河の事で、
銀河ハローの中には、大小10数個程の矮小銀河がある事が知られており、
銀河の半径が約52万光年なら、太陽系から16~20万光年離れた、
SFで有名な大マゼラン・小マゼラン雲も、銀河系の仲間の矮小銀河に分類される事になります。


「画像参照:Wikipedia」

球状星団とは、恒星が球状に密集した星団の事で星の数は数千~数百万個程。

ハロー内には150個ほどの球状星団が見つかっており、
それらは、100億歳前後の多くの古い星たちで構成されているのが特徴で、
また、星の密度も高いため、近接相互作用で星同士の重力の影響も大きいのでは?と推測されています。


「画像参照:さそり座の球状星団(Wikipediaより)」

銀河系はハローから創られた!?

これまでの観測研究で、天の川銀河の円盤ディスクの中にある太陽を含む星たちは、
年齢が数十億年の比較的新しい星が多く存在している事がわかっています。

一方の銀河の外側にあるハロー領域には、年齢が100億年前後の古い星が多いのが特徴。

これが意味する事は、ハロ-には銀河系が形成された初期に誕生した星が多く存在し、
銀河自体の密度もハロー全体に広がっていたと考えられており、

これらが、星同士やブラックホール等の強い重力の影響で集まり、
矮小銀河を経て、合体を繰り返した事で現在の巨大な棒渦巻き銀河が誕生し、その名残りが今もハロー領域に残っているものと考えられています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ