Sponsored Link

しし座流星群の今後の観測予想でピーク時間に好条件で見れる年はいつ?

しし座流星群もまた、年間を通して極大期に流星の大量出現が期待される流星群です。
その
一時期は1時間あたり2,000個とも言われるくらいの大流星群を見せてくれたのですが、最近ではその数も減少気味。
しかし、大量に出現の予感があることは間違いなし!?

ここでは、2016年からの5年間のしし座流星群の観測予想を確認してみたいと思います。



しし座流星群のピークは2001年でした。
この年は大出現となり、1時間あたりの流星出現数が2,000個以上だったと記録が残っています。
またこの時は火球クラスの明るい流星も観測されたとかで話題となった年でした。

参考動画:【2001年に大出現した「しし座流星群」】

しし座流星群の起源と見える方角

しし座流星群は毎年11月に見れる流星群です。

その母体となる天体が、テンペル・タットル彗星と言われ1366年に発見された歴史の古い彗星です。
この彗星は短周期彗星で、前回太陽に接近したのが1998年。次回訪れるのは2031年だと想定されます。

なお、しし座流星群が見える方角は、東の方角を起点に放射状に広がり、極大時期には全天に流星が流れる姿を確認することが出来ます。


「画像参照:日本気象協会」

大出現すると見応えのある天体ショーとなる可能性のしし座流星群

2001年に出現したしし座流星群で確認出来るように、大きく明るく輝く火球とも言える流星を見れる可能性があります。

その理由は、しし座流星群は他の流星群とは違い、母天体テンペル・タットル彗星のダストが地球の大気に正面から突入することで相対速度が秒速70キロ以上とかなりの高速になるため、小さなダスト(塵)でも非常に明るくなりやすい特徴があるからです。

Sponsored Link


気になる今後の観測予想

2001年に大出現したような大天体ショーの確率は低くはなりますしたが、それでも大流星群になる可能性を秘めているしし座流星群です。

今後5年間の観測予想を調べてみましたので、興味のある方はお見逃しの無いよう晩秋の夜空を見上げて下さい。

  • 2016年:見頃11月17日の日暮れから。時間的には見やすいのですが、月明りに邪魔をされて見ずらいかと思います。
    また日本では、輻射点が地平線下となるためかなり厳しい観測条件になるとの事ですので、日本より東の海外(アメリカ等)で観測すると良く見える可能性があります。
  • 2017年:見頃11月18日の深夜(12~1時以降)。この年は月明りもなく天気さえ良ければ、最高の条件で観測出来るとの事で、極大期の時間帯もバッチリじゃないか?思います。
  • 2018年:見頃11月18日の早朝。極大時期が早朝となるため朝日に邪魔されて良く見えないかも?
  • 2019年:見頃11月18日の昼間。この年の極大時間帯は日中となるため、日本での観測は難しいとの予想です。
  • 2020年:見頃11月17日の20時頃。この年も2016年と同じように輻射点が地平線下となるため日本での観測は難しいかも?

以上、今後5年間で最も好条件で観測ができそうな年は2017年。
この年に大出現してくれれば、とてもダイナミックな天体ショーになってくれるハズです。

しし座流星群は大出現の可能性はあるのか?

最高の天体ショーとなった2001年以降、小康気味のしし座流星群。
今後、このときのような大出現を見せてくれるのか?気になるところです。

専門家の予想では、残念ながら当面は小規模な流星群になってしまう可能性が高いとの事。
原因は、流星群のダストトレイルと地球の公転軌道にズレが生じてしまうため。

これが重なるタイミングが20年後以降ではないかと予想されるとの事です。

しかし、予測不能なのも流星群の魅力です。
あまり期待できないと思っても、まずは夜空を見上げてみて下さい。
そうすれば、以外と多くの流星を観測でき、思わぬ天体ショーが楽しめるかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ