Sponsored Link

ダイソン球仮説の天体発見は超高度文明の異星人存在の証拠?

ダイソン球という天体をご存じでしょうか?

人知を超えた超科学力を持った超高度文明の異星人、
知的生命体が、造ったと言われる”球”。
それは、巨大な恒星を取り囲むように建造された構造物。

つまり、現時点ではアニメやSF映画でしか登場しない仮説建造物なのですが、
それが、実在するかも知れない?!というお話です。



ダイソン球は超高度文明の異星人が造った建造物?

ダイソン球とはいったい何なのか?

地球に住む知的生命体。
つまり、我々人類が文明を維持する上で必要不可欠なのは、電力などのエネルギー。

現在、人類の電力供給は、ほとんど地球にある資源を使って生み出しています。
それは、石油や天然ガスなどの化石燃料発電であったり、
ウランやプルトニウムを利用した原子力発電であったりと。
それらから取り出したエネルギーを使って電力を供給しています。

ダイソン球もまた、エネルギー供給手段の1つと言われ、
それは、太陽エネルギーをとてつもない方法で取り出しているという方法。

ダイソン球は、巨大な恒星(太陽)を、まるごと覆ってしまい、
恒星から発生するエネルギーをすべて利用するという超巨大なエネルギー供給設備。


画像参照:カラパイア

これは、当然ながら今の人類に造れるハズもなく、空想上の建造物に過ぎないのですが、
もしかしたら、ダイソン球は実在するのではないか?
と思えるような天体が見つかったことで、話題になっています。

もしそれが、本当にダイソン球なら、
人類の想像をはるかに超えた、超高度な文明を持つ異星人・エイリアンがいるってことになるのかも?

実在する?ダイソン球とは

ダイソン球では?と話題になった天体は、太陽系から1,480光年もの彼方にある「KIC8462852」という恒星系に見つかっています。

この天体は、2015年にケプラー宇宙望遠鏡が観測したモノ。

「KIC8462852」は、我々の太陽の1.5倍ほどの大きさがあるF型主系列星「KIC8462852A」と、
暗くて小さい赤色矮星「「KIC8462852B」から成る2連星なのですが、
主系列星の「KIC8462852A」を観測していたケプラー宇宙望遠鏡が、奇妙な現象を発見。

それは、「KIC8462852A」が何かの影に隠れるかのように不規則に減光する現象で、
「KIC8462852A」が15~22%も減光しているというモノ。


「画像参照:ウィキペディア

それがどんなに奇妙な現象なのか?というと、
通常、木星クラスのような巨大な惑星であっても、恒星の前を横切る公転時の減光は1~2%程度。
つまり、惑星が恒星を横切るときは、それほど減光しないのです。

しかし、「KIC8462852A」の場合は、惑星が横切るときのある程度一定の減光ではなく、
不規則に光が遮られていて、まるでそれが巨大な建造物によって光が遮断されているかのよう。

これが、超高度な文明を持つ異星人が造ったダイソン球ではないか?という事。

謎の減光。真相は?

「KIC8462852」は、1,480光年もの彼方にある恒星系です。
そのため、真相は未だ謎のままというのが正直なところ。

これには、様々な仮説が挙がっており、
異星人の巨大建造物というダイソン球の説もあるのですが、
そんな荒唐無稽な説などあり得ないという科学者は、
惑星衝突で出来た無数の惑星の破片が、
恒星の前を横切っているため、不規則な減光になって見えるという説。

また、「KIC8462852」が太陽系から遠いため、
その間にある星間物質で遮られ、歪んで見えているのでは?という説など。

いづれにせよ、これはまだまだ詳しい観測調査が必要な天体であることは間違いありません。

不思議な変光の星。
もし、本当にダイソン球ならスゴい発見。
それはつまり、宇宙には人類の科学力など、
遥かに及ばない知的生命体がいるって証拠になります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ