最新情報

2018年正月は初日の出とスーパームーンの二元天体ショー必見

2018年のお正月。つまり、年明け早々に素晴らしい天体ショーが見られます。それも2つ! 1つは、元旦恒例の「初日の出」。 2つめは、お正月2日に見られるというスーパームーン。 つまり、1月1日と2日の2日間。 お正月の天・・・

恐竜絶滅の原因新説は小惑星衝突位置と地球環境の因果関係?

あまり知られていませんが、これまでの地球史の中で、生物の大量絶滅は幾度も起こっています。 原因は地球環境の激変によるモノや、小惑星や彗星等の地球衝突等。 そんな知られていない大量絶滅の歴史の中で、唯一と言っていいほど有名・・・

第二の地球有力候補発見?将来映画のような人類移住は可能か

遠い将来、人類が何らかの理由で地球に住むことが難しくなった場合、住み慣れた故郷・地球を脱出して”第二の地球”へと移住しなければならない時代が、もしかしたらやって来るかも知れません。 そうなった場合”第二の地球”はどこにな・・・

国際宇宙ステーションに代わる後継機は月軌道ゲートウェイか

これまで、何人もの日本人宇宙飛行士も滞在した国際宇宙ステーション(以降、ISSと表記)。 ISSの運用限界は2020年代半ばとされ、その後を担う後継機がどうなるのか?まだハッキリしていませんでしたが、ここに来て新たに、そ・・・

新惑星Xの発見特定はいつ?気になる9番目の天体最新情報

2016年。「太陽系第9惑星の発見か?」という、センセーショナルな新惑星のニュースが報じられたのを覚えているでしょうか? あれから数年経過した現在、なかなかそれ以降の情報、新惑星の発見、特定のニュースが流れて来ません。 ・・・

観測史上初の恒星間天体小惑星はカタチや速度も規格外だった

人類がこれまで発見して来た小惑星は、全て太陽系で誕生し、太陽系の中に存在する天体です。 しかし、2017年10月。”太陽系生まれ”でない、観測史上初めて太陽系外から飛来した天体を発見。 歴史的発見という事もあり、世界中の・・・

系外惑星発見最新情報!最も地球に近い距離に生命がいる期待

観測技術の発達により、次々に発見されている太陽系外惑星。 そこで注目を浴びているのが、地球サイズの岩石惑星で生命がいる期待も浮上しています。 そんな発見されている地球型の系外惑星で、最も地球に近い距離の星系に生命が存在で・・・

火星探査の歴史一般公開!無料利用できる地表探検コンテンツ

火星の地表に降り立った無人探査機で有名なNASAの「キュリオシティ」。 キュリオシティは、地球からの遠隔操作で火星の地表を自由に動き回われる探査ローバーです。 そんなキュリオシティが火星の地表を探査し始めてたのは2012・・・

ふたご座流星群の観測方法や極大期と知っておきたい母天体

「ふたご座流星群」は、「しぶんぎ座流星群」、「ペルセウス座流星群」と並び、出現率が期待される三大流星群のひとつとしても有名な流星群です。 そんな「ふたご座流星群」が見られるのは12月。 夜、屋外に出て星空を眺めるにはかな・・・

惑星形成理論に問題点?新発見の巨大惑星がありえない理由

まだまだ謎だらけの広大な宇宙! ちっぽけな存在の人類には、その謎の全解明など簡単には出来るワケなどなく、観測を続ければ続けるほど、新発見が続々と出て来ます。 そんな新発見の中で、今回話題になったのが、現在の惑星形成理論で・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ