「宇宙の謎」の記事一覧(2 / 3ページ)

宇宙の広さスケールをわかりやすい具体的モデルにまとめ

「広大な宇宙」。などと良く耳にしますが、 いったい、その広大さってどれくらいなのか?考えたことがあるでしょうか。 それは、我々の想像を遥かに超え、人類や地球がいかにちっぽけなモノに思えてしまうほどです。 今回は、宇宙の広・・・

映画アバターのような太陽が2つの星が実在も生命の可能性は?

太陽系外の惑星を探しているNASAのケプラー宇宙望遠鏡。 これまで数々の惑星を発見し、中には生命が存在するかも知れない惑星も発見しています。 しかし、今回はちょっと変わった惑星系をケプラー宇宙望遠鏡が発見し話題になってい・・・

太陽系外縁天体群エッジワースカイパーベルトの距離と大きさ

太陽系外縁天体の1つである冥王星まで無人探査機が到達し、 ついに、太陽系の惑星全て(冥王星はかつて惑星だった)に、人類が手を伸ばしたということになります。 そして今後、大きな注目となり人類は新たな領域に探査の目を向けるこ・・・

太陽が2つ以上存在する連星系惑星は例外でなく常識だった

私たちの太陽系は、命の源である燃える星・太陽を中心に、現時点では8つの惑星とその他の天体が周り構成されています。 つまり、私たちにとって太陽は1つというのが常識なワケです。 しかし、宇宙は太陽系だけでなく、果てしなく広い・・・

おおいぬ座のシリウスが神話になるほど明るい星の理由は大きさと距離?

星に詳しくない人でも「シリウス」という名前は一度は聞いた事があると思います。 シリウスは、全天に輝く恒星の中で太陽の次に明るい恒星で、冬の星座のおおいぬ座で最大に明るい星でもあります。 今回このシリウスを取り上げる理由は・・・

人類観測史上最大の恒星系は太陽と惑星間の距離がとてつもなく遠かった

太陽系外の惑星の探査が始まってから、次々に不思議な星が発見されて話題になっています。 そんな不思議な星の中で今回ご紹介するのは、母星の恒星からはぐれて宇宙空間を独立して浮遊している惑星か?と思っていたが、良く調べてみると・・・

太陽系の大きさをわかりやすく例えるため地球を縮小して比較してみた

我々が住む太陽系。人類は太陽を含め、ほぼ全ての惑星まで調査の手を伸ばしており、現時点で地球から最も遠い準惑星の冥王星まで探査機を送っています。 そこまで探査機を飛ばせるのであれば、意外と太陽系は狭いのかも?と思うかも知れ・・・

オールトの雲と太陽の距離はどれ位で彗星や生命の故郷と言われる理由

「オールトの雲」ってご存じでしょうか? 太陽系は小学校で習ったように、太陽、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の惑星群。 そして一番外側を公転する準惑星の冥王星までが太陽系全てだと思っている人が多いようで・・・

重力波の意味の簡単な観測解説と発見による今後の天文学への貢献度

先日ノーベル賞級の大発見としてメディアでも大々的に報道され話題となった「重力波の初観測」 基本的には重力波とは宇宙の謎を解明するために重要な現象の事で、アインシュタインが発表し予言した「一般相対性理論」以来の謎とされてき・・・

宇宙誕生(ビッグバン)の起源はいつ?自由研究で調べたい始まりの証拠

現代の定説になっている、我々の住む宇宙にはビッグバンという誕生の瞬間があったという事。 そんな宇宙誕生の起源は約138億年前とされています。 しかし、どうやってそんな昔の事を宇宙が誕生したと言えるのでしょうか? 誰も知ら・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ