中国発世界最大の電波望遠鏡(FAST)の仕組みや性能と期待度

あまり知られていないかも知れませんが、
中国の近年の宇宙開発は目覚ましいものがあります。

そんな中国で新しい宇宙開発の情報が。
世界最大の電波望遠鏡が完成!
本当かどうかはわかりませんが、未だ見ぬ宇宙人ともコンタクト可能な超高性能な望遠鏡だとか?!
中国が建設した電波望遠鏡とはどんなモノなのか?
その仕組みと性能について、いくつか調べてみたいと思います。



世界最大の電波望遠鏡とは?

中国政府が、2011年に貴州省南西の平塘県で着手した世界最大の電波望遠鏡「FAST」。

その大きさは、直径500メートルにも及ぶ巨大なパラボラアンテナを装備していて、
約1億8000万ドル(約180億円)の資金が投入されて建設されました。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

ちなみに、これまで世界最大だった電波望遠鏡は、
プエルトリコにあるアレシボ天文台で、その大きさは305メートル。
FASTはそれを遥かに上回る大きさで、その性能はアレシボ天文台の10倍もあるとの事です。

世界最大の電波望遠鏡建設に国民の不満?

この電波望遠鏡建設の完成で、中国の技術力の高さを証明されたワケですが、
一方で、建設にあたり周辺の住民約9,000人が立ち退きを迫られたそうです。

そもそも山の中に建設された電波望遠鏡ですので、
建設地に住宅等は無く立ち退きの必要もないと思われるのですが、
住民が出す生活電波の影響で、望遠鏡の精度が落ちたり、
電磁波などの影響で、健康被害も起こる可能性があるとして、
強制的に立ち退きとなったようです。

なお、立ち退き料は1万元で日本円では約15万円。
この金額は、中国の一世帯あたりの年収に相当するといいます。

このような国家事業による強制的な立ち退きは、中国では珍しくなく、
2008年の北京オリンピック開催でも、このような立ち退きを迫られた住民が多数いて不満を招いていたということは、ニュースでも大きく取り上げられ記憶に新しいところではないでしょうか?!

Sponsored Link


電波望遠鏡の仕組みとは?

電波望遠鏡のおおまかな仕組みは、家庭にあるパラボラアンテナのように、
通信衛星から発信される電波を受信する事と同様で、宇宙から発信されてくる様々な信号や電波を集め、それを分析し、データや映像化出来る装置。



今回建設された巨大な電波望遠鏡は、
宇宙の彼方からの微弱な電波も捕えることが可能だと言います。

世界最大の電波望遠鏡完成で期待できる成果とは?

周辺住民の生活を犠牲にしてまで建設された、世界最大の電波望遠鏡「FAST」。
本格稼働は2016年9月からとされていて、深宇宙の謎を解明するために、大きく役立たれていることが期待されます。

FASTの稼働により、銀河の中心の詳細な状況を観測したり、
先日発見された重力波や中性子星の観測を、さらに深める事が出来ると言います。

また、電波を発信するであろう、地球外知的生命体の発見が出来るか?どうかも、このFASTには期待が寄せられています。

地球外知的生命体。
つまり宇宙人の事ですが、現時点での常識では、宇宙人の存在を信じることは、
言わば荒唐無稽な話であるかも知れません。

しかし、多くの科学者は宇宙人は存在すると信じています。

その理由は、とてつもなく広大な宇宙において、
知的生命体が我々人類だけであるハズがないという事。

ただ、それは非常に難しく、成功の可能性も低い探査ミッション。
それでももしかしたら、「FAST」の活躍により”宇宙人”存在の痕跡が見つかるかも知れません。